AGRI EXPO ONLINE WEB biz CONFERENCE

ホールD

スマート農業技術の開発・実証プロジェクト

施設園芸コンテンツ連携コンソーシアム

2019年度から、農林水産省による事業「スマート農業加速化実証プロジェクト」が全国69箇所で開始されている。この事業は、その名の通り、スマート農業の社会実装を加速するために、実際の生産現場で技術実証を行い、2年間で経営効果を明らかにするものだ。
このうちの1つが、株式会社誠和が中心となった9社のコンソーシアムで行われている取り組みである。誠和の実証農場「トマトパーク」にて行われている実証は、どのようなものなのか? また、事業の開始から1年が経ち、実証はどのように進んでいるのか?

関連する製品

アーカイブ

  • 施設園芸におけるAI活用に向けた取り組み
  • 米のエキスパートが語る 知っておきたいお米のトレンド
  • イチゴ栽培・生産の課題と誠和のラインナップ
  • ITで実践する経営改善[後編]
  • ITで実践する経営改善[前編]
  • 施設園芸の小さな巨人 (株)誠和が語る<br>スマート農業の未来とプロファインダークラウド
  • 日本の農業ビジネスの今[後編]
  • 日本の農業ビジネスの今[前編]
  • スマート農業の経営効果 ~大規模稲作経営体における水管理省力化システムの検証結果から
  • これからの施設園芸の展望と日本型大型(1ha)モデルハウス仕様
  • JAのIT活用
  • スマート農業のすすめ 農業を情報技術でかっこよく稼げて感動があるものに
  • アグリジャーナルが農家を突撃! 「高根沢町編:まさに天晴れだね!」

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎