AGRI EXPO ONLINE WEB biz CONFERENCE

ホールB

JAのIT活用
杉浦宣彦

中央大学大学院戦略経営研究科
教授
杉浦宣彦

農業従事者の高齢化・担い手不足を、ICTの利活用で高効率・高収益の農業に転換させようという方向が政府の施策の中にも打ち出され、農業への様々な企業の参入も目立ってきています。しかし、AI(人工知能)をはじめとした様々なITの手法を取り込むにしても、まず、データの蓄積がないと役に立たちません。この課題を解決するためには、JAの動きがカギとなります。スマート農業の実態を分析し、そのうえでJAの役割を解説していきます。

アーカイブ

  • 施設園芸におけるAI活用に向けた取り組み
  • 米のエキスパートが語る 知っておきたいお米のトレンド
  • イチゴ栽培・生産の課題と誠和のラインナップ
  • ITで実践する経営改善[後編]
  • ITで実践する経営改善[前編]
  • 施設園芸の小さな巨人 (株)誠和が語る<br>スマート農業の未来とプロファインダークラウド
  • 日本の農業ビジネスの今[後編]
  • 日本の農業ビジネスの今[前編]
  • スマート農業の経営効果 ~大規模稲作経営体における水管理省力化システムの検証結果から
  • これからの施設園芸の展望と日本型大型(1ha)モデルハウス仕様
  • JAのIT活用
  • スマート農業のすすめ 農業を情報技術でかっこよく稼げて感動があるものに
  • アグリジャーナルが農家を突撃! 「高根沢町編:まさに天晴れだね!」

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎