AGRI EXPO ONLINE WEB biz CONFERENCE

ホールC

施設園芸におけるAI活用に向けた取り組み
太田智彦

農研機構
農業技術革新研究センター
太田智彦

施設園芸の課題である、収量の増加と作業時間の削減。農林水産省の「人工知能未来農業創造プロジェクト」と、農研機構生研支援センターの「経営体強化プロジェクト」での取り組みにおける、技術開発の内容と、現場での効果を解説する。

アーカイブ

  • お米におけるブランディングとは?   <後編>
  • お米におけるブランディングとは?   <前編>
  • 地域と畑は自分たちで守る ~農家ハンターの獣害対策~ <後編>
  • 地域と畑は自分たちで守る ~農家ハンターの獣害対策~ <前編>
  • 施設園芸におけるAI活用に向けた取り組み
  • 米のエキスパートが語る 知っておきたいお米のトレンド
  • いちご農家必見! 経営を安定させる次世代アイテム5選
  • ITで実践する経営改善[後編]
  • ITで実践する経営改善[前編]
  • 施設園芸の小さな巨人 どうなる? スマート農業の未来
  • 日本の農業ビジネスの今[後編]
  • 日本の農業ビジネスの今[前編]
  • スマート農業の経営効果 ~大規模稲作経営体における水管理省力化システムの検証結果から
  • これからの施設園芸の展望と日本型大型(1ha)モデルハウス仕様
  • JAのIT活用
  • スマート農業のすすめ 農業を情報技術でかっこよく稼げて感動があるものに
  • アグリジャーナルが農家を突撃! 「高根沢町編:まさに天晴れだね!」

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎