AGRI EXPO ONLINE

【お米農家さん向け特集】農薬・肥料・土壌改良剤・バイオスティミュラントの選び方

土づくりは、良質な稲を安定的につくるうえでの基本であり、農業の“要”だ。なお、土づくりには意外なメリットが期待できる。

土づくりを重視すれば、米の質が変わる!



昨今、異常高温をはじめとする異常気象が各地で確認されているが、異常気象に負けない稲をつくるうえで有効な手立てとなるのが、土づくりだといわれている。また、土づくりと並び、農薬も農業の“要”といえる。雑草や有害なウイルス、昆虫などから稲を守る農薬は、米づくりにおいて必要不可欠となる場合が多い。

現在、米の栽培を助ける農業資材として、さまざまな種類の肥料や農薬、土壌改良剤、バイオスティミュラントが市場でラインナップされている。しかし、配合されている成分、効果などが製品によって異なるため、どれを選ぶべきかとつい迷ってしまうはずだ。
大切なのは、土壌分析や作物の生育状況の観察をとおして圃場の状態を見極めること、製品を選ぶ際のポイントを押さえておくこと。土壌や作物にとって必要な成分が含まれた、より優れた一品を選ぼう。

お米農家さん必見! 農業資材の選び方



1. お米向け肥料の選び方

肥料を土壌に散布することで、作物を育てるうえで理想的な環境を作り出すことができ、結果、良質な作物が育ちやすくなる。また、収量が変動しやすい、秋落ちを起こしやすい、といったデメリットを解消することも可能だ。肥持ちの悪い圃場にはベントナイトを、秋落ちが生じやすい圃場にはマンガンを、といった具合に、性質に応じて施肥を行なおう。なお、代表的な肥料として、窒素とリン酸、カリが挙げられるが、稲は多くのケイ酸を必要とする。

オススメの米向け肥料


サカタのタネ高機能液肥シリーズ

天候不順によるストレスの軽減や、生育ステージによる肥料の取り込み変化に対応。さまざまな「困った」に合う一本が見つかります。

アヅミン

腐植酸約50%含有です。その中には、植物への活性が高いとされる水溶性の腐植酸を多く含んでいます。アヅミン2袋で堆肥約1t分の腐植酸を補給できる省力的な資材です。

石灰窒素

農薬、肥料、土づくりの3つの効果が期待できます。農薬成分は肥料に変わるため、土壌、作物に残留せずに環境にやさしい資材です。




2. お米向け農薬の選び方

水稲にとって害となる雑草、昆虫などを防除する役割をもつのが農薬だ。とくに雑草は必ず発生して水稲の健やかな生育をはばむうえ、米の品質を悪くするため、こまめに除草剤を使って取り除く必要がある。しかし、除草剤をはじめとする農薬を使用する際、その使い方に注意したい。農薬は、場合によっては生物や環境に悪影響をもたらす場合があるため、「登録制度」によって安全性が確保されているのはもちろん、環境への配慮がある製品を選ぶのがオススメだ。

水田でも使える農薬の選び方


農耕地除草剤エイトアップ

エイトアップは水で薄めて雑草に散布するだけで、あらゆる雑草を根まで枯らします。枯れた後には、作物栽培ができます。

シンジェンタジャパン「タッチダウンiQ」

手ごわい難防除雑草を根こそぎ枯らす除草剤。独自の「iQテクノロジー」による特殊なダブル展着剤で高い除草効果を実現します。

BASF「バスタ液剤」

多くの雑草に効果を発揮する非選択性の茎葉処理型除草剤。畑、水田畦畔、非農耕地やハウス周りなどの雑草をしっかり枯らせます。



3. お米向け土壌改良剤の選び方

土壌の性質に変化をもたらし、収量のアップなどに貢献するのが土壌改良剤だ。土壌改良剤に該当する資材は幅広く、「肥料取締法」のもとでは肥料にあたるもの、「地力増進法」で指定されているもの、いずれにも該当しないものもある。土壌の団粒化を促進させる「合成化合物」、病害虫の抑制などの効果がある「微生物資材」、鉱物を主原料とし、土壌を化学的に改良する「鉱物質資材」など、さまざまな種類があるため、効果や目的を見極めたうえで最適な資材を選ぼう。

オススメの米向け土壌改良材


DWファイバー®(土壌改良)

国産間伐材や林地残材、河川木が材料の土壌改良材。土壌に混合することによって物理的・化学的に土壌を改善。

フジミン®

国内の森林資源から精製したフルボ酸ベースのバイオスティミュラント資材。土壌に働き掛けることで、植物の生育を促進。



4. お米向けバイオスティミュラントの選び方


バイオスティミュラントは、農薬、肥料、土壌改良剤のいずれにも当てはまらない、新しい農業資材だ。高温や低温、物理的な被害といった非生物的ストレスを制御し、農作物にかかるストレスを軽減するため、収量減少を抑える効果が期待できる。バイオスティミュラントの場合、土壌における改善点と製品の作用がマッチしており、散布タイミングが適正であることで、効果が最大限に発揮される。土壌の改善点をしっかりと把握したうえで資材を選び、ベストなタイミングで散布するのが大切だ。


オススメのバイオスティミュラント


鉄力あくあF10

植物の鉄吸収メカニズムに適した液体資材。「2価鉄」配合で吸収性抜群です。潅水・養液混合、葉面散布にも。植物全般にどうぞ。

液体ケイ酸 マグマSi

粒子状の水溶性ケイ酸が、様々な作物の内部にぐんぐん侵入。細胞壁を強化し、厳しい環境にも負けない強い作物を作り上げます。

鉄力あぐりB10、 鉄力あぐりB12

植物の鉄吸収メカニズムに適合した固体資材。それぞれ生育期間が短い葉菜類や育苗、生育期間が長い果菜類や果樹などに。

地力の素(細粒・粗粒・リキッド・家庭園芸用)

高純度天然腐植がすみやかに地力を回復させます。 豊富に含まれるフルボ酸が直接根を活性化し、発根を促します。



土づくりの成果は、米の質や収量に大きく反映される。土壌と相性のいい資材を選び、適切に土をつくることで、面白いほど効果が現れるはずだ。

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎