AGRI EXPO ONLINE

環境制御システムの選び方

インターネット環境整備と端末の普及を追い風に、環境制御システムの導入が凄い勢いで 進んでいる。ここでは、その選び方のポイントに要点を絞ってご紹介しよう。

環境制御で増収を目指そう!



環境制御を行えば、収量を増やしコストを減らすことができる。植物の成長には、光・二酸化炭素・水と栄養が必要だ。温度、湿度、気流なども成長に影響を与える。環境制御の第一歩は、これらパラメータのうちの地上部分を把握すること=環境測定=ハウス内環境の見える化である。

測定により得られたデータを見ながら、ハウス内をより植物の成長に適した条件にする。それが環境制御である。これを行えば、植物はスクスクと成長するから収量は増える。またカーテンや天窓、冷暖房機やCO2施用機などのハウス内設備の効率的稼働も可能となる。資源と労力の無駄がなくなるから、コスト低減と労働効率向上とが実現する。

そんな良いことずくめのはずの環境制御システムだが、なかなか日本では根付いて来なかった。既存製品は容易には導入できないほどに高価で、機能面も未成熟であった。そんな状況が今、変わろうとしている。インターネットと携帯端末の普及を追い風に、現実的な価格ながらも高機能なサービスが続々と登場しているのだ。


環境制御の選び方



1. 経営規模にマッチした製品を選ぶ
優れた製品であっても、経営規模にマッチしていなければ増収に結びつかない。施設園芸協会の資料「(別冊4)農業用ハウス設置コスト低減のための事例集」p.46に選び方の基本が示されているので是非参考にして欲しい。


2.使い勝手の良いものを選ぶ!
各社のサービスの使い勝手は、製品の間でかなり差がある。自身の使い方に適したシステムを選定すると良い。クラウドを利用したデータ管理・閲覧については、各社によって使い勝手のみならず費用の幅がある。事前に確認しよう。

3. サポート体制を確認しておこう!
環境制御システムは、それを使いこなし増収を実現して初めて意味がある。それにはメーカーによるユーザーサポートが欠かせない。具体的な問い合わせに答えられるサービスマンのいるメーカー製品を選ぶと良いだろう。


環境制御システム関連製品


プロファインダーNext80

誠和の栽培知見をフル活用した統合環境制御システム。植物にとっての最適環境づくりのために各種機器を自動で制御します。

ArsproutDIYキット2(内気象ノード・制御ノード)

DIYだからいろいろできる!低コストで始める環境制御システム。機器のバージョンアップを行い、様々な品目で続々導入決定!

コンダクターTNCS5000

水、光、CO2…作物に大切な要素を“指揮”する光合成効率促進装置「コンダクター」。センサによって栽培環境を制御します。

ビニールハウス内環境測定システム:測定ノード

温度、湿度、CO2濃度、飽差などを測定し、測定データは自動でクラウドにアップされ、お手元のスマホやPCからいつでもどこでもデータを確認できます。


ビニールハウス内環境測定システム:制御ノード/換気制御ノード

制御ノードは暖房機、CO2発生器、灌水システムなど、換気制御ノードはカーテン、換気システムなどを自動制御します。

環境制御盤 ウルトラエースシリーズ

温度や湿度といったハウス内のデータを把握し、制御できるグリーンハウス用制御盤。スマホなどを使って、遠隔地からも操作可能。

FARBOT

国内農業用初となるローカル5Gに対応した遠隔操作可能なスマートアグリ・モビリティ。農場運営をAIでデータ化・分析します。

アグリーフFC2010(300坪用)

暖房機の排気ガスに含まれるCO2を浄化して貯留。光合成が盛んになる日中に、貯蔵しておいた常温のCO2を局所施用する装置。



今や環境制御システムは、大規模施設向けのサービスではなくなった。小規模から使える安価で便利なサービスも登場している。自身の経営規模にマッチした環境制御システムを選んで、農業をもっとラクに、そして利益の出るものにして欲しい。

ゲスト様

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます


オンライン展示会に戻る▶︎