トヨタ自動車株式会社【現場改善/研修】

  • 生産・作業工程管理ツール
  • 作業効率をあげたい
  • 標準化したい
  • コンサルを受けたい

自動車産業で培った「トヨタ生産方式」の考え方を応用し、農業の生産性向上・経営基盤強化に貢献します。
改善スタッフが改善の仕組みづくりを支援する『現場改善』や、「農業塾」「普及員研修」などを実施する『研修』サービスを行っています。
「生産性を向上したい」「人材育成に取り組みたい」とお考えの農業者の皆様、ぜひご活用ください。
自治体やJA、農業団体向けには、「研修」を実施しております。
まずはご相談だけでもOK。お気軽にご連絡ください。

PRODUCT

カイゼン支援サービス『現場改善』

改善活動を経営体の従業員全員で進められるよう、トヨタの改善スタッフが訪問し、改善の仕組みづくりと人材育成をサポートします。

カイゼン研修【自治体・JAの皆様必見!】

地域農業における改善活動の普及・定着を図るため、トヨタが各地域の普及員・指導員向けや農業者向けにご提供する改善研修

リアルタイム土壌センシング

土壌成分を見える化して「土づくりをスマート化」するサービス。短時間で診断結果が出るため、無駄のない土づくりが可能です。

【終了しました】「第5回 [関西] 農業Week」のセミナー登壇

西日本最大の農業・畜産の総合展、「第5回 [関西] 農業Week」のセミナーに弊社、高田 大士 が登壇します。

 【L-1】 『畜産分野におけるトヨタ自動車の改善の取り組み』
 日時:2022年3月8日(火) 12:30-13:30
 会場:インテックス大阪

「[関西]農業Week」は農業法人、農協、参入検討企業などが日本中から来場し、
200社が出展する 西日本最大の農業・畜産の総合展です。

改善事例:水稲苗廃棄率低減

適切な作業計画と小ロットでの育苗を実施することで、苗廃棄率を大きく低減した事例を紹介します。改善前は、過去の経験から多めの苗を一度に播種していたため、最終的に苗が余ったり、移植(田植え)が間に合わず劣化してしまい、多くの廃棄が発生していました。改善後は、生産管理ツールで必要数を計算し、「現場改善」を実施しながら、田植計画に合わせた苗生産を小ロットで実施。その結果、22%もあった苗の廃棄率を2%にまで大幅に低減することができました。

改善事例:レンコン出荷作業効率化による出荷量向上

出荷作業改善の事例です。改善前は、出荷作業のノウハウを持ったベテラン社員に作業が集中し、その人が作業場から抜けると作業が中断していました。このため、出荷能力は600㎏/日が限界となっていました。改善後は、だれでも同じように作業ができるよう「標準化」を実施。作業指示書を作成し、ベテラン社員が抜けても作業が止まらないレイアウトに変更することで、出荷能力を800㎏/日まで工場させることができるようになりました。

お客様の声:鍋八農産 八木社長(愛知県弥富市)

現場改善に取り組むことで、社員全員が作業進捗をはじめ、苗管理や作業時間等を共有できるようになり、それぞれの作業に対する意識が高まりました。また作業の流れが見えるようになったことで社員に任せられる仕事が増え、そこで生まれた時間を活用して、来年度の作付けに役立てています。

資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

現場改善/研修 パンフレット

お問合せ

詳しい話が聞きたい
見積を知りたい

  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:
正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります

希望する連絡方法

<企業情報>

トヨタ自動車株式会社
住所:〒471-8571 愛知県豊田市トヨタ町1番地
TEL:0120-59-8039
受付時間:月曜日~金曜日 9:00-17:00 (祝日、弊社休業日を除く)

チャットする

ブース担当者に質問する
×
送信

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎