タッピングパイル基礎

スクリュー付き鋼管杭基礎、鋼管パイプに螺旋スクリューと柱の接合部になるトッププレートが一体になった杭基礎。(特許 第4846378号)

当社の特許技術を利用した、全長1.6mの杭基礎を柱の位置に設置することでハウスの基礎となります。従来のコンクリート基礎工事は床掘を行ってから型枠設置、コンクリート打設と工程が多く時間がかかりました。タッピングパイル基礎は小型建機を使用して回転圧入するだけで設置可能となっております。特徴として、コンクリートの養生期間不要、工事日数が短縮、残土が出ない、工期が天候に影響されにくいなど、ハウス以外でも太陽光発電設備などでも多く採用されています。

タッピングパイル基礎を利用したハウスを各種取り扱っています。
スタンダードな屋根型のKMHハウス、丸屋根のJAPハウス、超低コスト耐候性ハウス、各種ハウスに採用可能です。



サンキンB&G株式会社 農芸事業部 

〒550-0013 大阪市西区新町2丁目15番27号 
TEL:(06)6539-3281  FAX:(06)6539-3238

当社は総合建設業(Building)と鋼構造の農業ハウス事業(Green House)を主力とし、企画段階から設計・工事施工・アフターサービスまで、「品質、価格、納期のすべての面でお客様にご満足いただき、安全安心と信頼をお届けする」をモットーに歩んでまいりました。   
社会構造の変貌に伴って建築物や農業ハウスに求められる要請も大きく変化し続けます。これらの変化にも60年に及ぶ経験をもとに迅速に挑戦してまいります。



資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

製品カタログ タッピングパイル基礎

担当者に聞く

  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:
正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります

施設園芸協会 出展社一覧

他の製品

統合環境制御システム アグリネット アドバンス

低コストで導入できるクラウド型ハウス環境制御システム。導入費約100万円、月額利用料2,300円から始められます。

生分解性フィルム「ビオフレックスマルチ」

自然に還る、地球と人にやさしい生分解性フィルム。仕様(製造可能範囲)は「厚さ0.018~0.02mm / 幅95~150cm / 長さ200~800m 」カラーは5色展開。

冷房/加湿/防除システム CoolPescon® (クールぺスコン)

微細な霧(セミドライフォグ®※1)を利用する冷房・加湿・防除システムです。

施設園芸ハウス環境制御装置 『農家さんⅡ』

らくらく作業!重くて面倒な開閉作業を安全自動開閉に! 制御盤ひとつで複数の設備を操作でき環境データを監視し管理できる!

液肥混入器ドサトロン (Liquid fertilizer mixer Dosatron)

水流で動くので電源不要!正確な希釈精度でメンテナンスも簡単。ドサトロンは養液栽培に最適です。

ビニールハウス温度・湿度・設備管理システム:farm watch ファームウォッチ

お手軽にハウス環境の見える化、作業の見える化を実現し日々の業務を強力にサポート。 いつでもどこでもハウスをラクラク管理!

プロファーム T-キューブ / Profarm T-cube

高度な環境制御に特化した専用設計ハウス。実証に基づき、天候の影響を受けにくい均一な温室環境を目指しました。

トーカン 水稲育苗資材シリーズ

播種から緑化までの、温度、湿度、光量を調節する資材を多数取り揃えています。

AUTO-AESRH-2:走行式ロボット防除機「レール式オートランナー」

静電ノズル標準装備。ハウス内のレール上をスイッチONで無人走行、防除時間短縮、外側の自由輪で移動もラクラク、 女性でも簡単!

エフクリーン®New ナシジ

夏(乾燥時)は”ナシジ”に!冬(結露時)は”クリア”に! 

多層断熱被覆資材

各機能を有する素材を組み合わせた「機能性複合資材」 特殊な縫製加工により、断熱性を維持し柔軟性を持たせた布団資材

統合環境制御システム アグリネット アドバンス

低コストで導入できるクラウド型ハウス環境制御システム。導入費約100万円、月額利用料2,300円から始められます。

検索カンタン!特設展示場

工場システム(シンフォニアテクノロジー)

誠和 光合成バナー

ブース担当者に質問する
×
送信

ゲスト様

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎