株式会社NTTデータ

  • 生産・作業工程管理ツール
  • 収量をあげたい
  • 作業効率をあげたい
  • ICT化に興味がある

産地の栽培情報の見える化や双方向のコミュニケーションを促進する「あい作」などを通じて、ソフトウェアの面から産地一体となったスマート農業の実現に取り組んでいます。あい作はデモンストレーションも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

PRODUCT

営農支援プラットフォーム「あい作」

生育記録、作業記録、防除履歴の確認作業などを対象に、産地の栽培情報の見える化や双方のコミュニケーションを促進します。

出荷予測サービス 産地一体で進める取り組み

産地の生産者の栽培履歴や生育状態の記録、気象データを活用し、出荷予測情報を提供します。このデータを販売業務に活用頂く事で産地全体の所得向上に寄与します。

水稲ナビゲーションシステム【開発検討中】

地域・品種に合わせた栽培作業適期や収穫適期などをICTやAIなどの技術を活用し、「今」の圃場状態に合わせた作業ナビゲーションを予定。

スマート農業の取り組みを支援

NTTグループでは、農業にかかわるあらゆるデータを活用する事によって日本の農業に貢献することを目指し、スマート農業を推進して参ります。食農分野全体の課題に対し食農分野に関わるNTTグループおよびNTTデータグループ各社とも連携しながら、解決に向けたご支援が可能です。営農支援プラットフォーム「あい作®」やAI・画像解析、ドローンなどの技術も活用し、様々な課題に対して産地と取り組みを実施しております。
▶あい作のホームページはこちら◀

生産履歴帳票のペーパレス運用

紙の生産履歴帳票に記入している項目(作業履歴、施肥、防除など)を「あい作」で記録し、ペーパレス運用を始められます。記録項目は管理者機能で自由に作型で設定できるため、現行の紙の帳票で収集する情報と同等の情報を集められます。生産者は休憩中などに日々スマートフォンで「あい作」に記録しておけば、出荷時に改めて生産履歴帳票に書き起こす手間が削減され、管理担当者は紙の帳票を配布、回収する手間が削減されます。

デジタルコミュニケーションを円滑に

生産現場で入力されたデータはリアルタイムで生産者と営農指導担当者で共有することができます。「あい作」上で時間や場所に縛られず、生産者からの生育相談に対して栽培履歴や圃場の状況に基づいた営農指導を行えます。台風の注意喚起や農薬の最新情報の周知連絡など、営農業務に関わるコミュニケーションを円滑でき、コミュニケーション履歴はデータとして蓄積され、産地のノウハウとして活用することも可能です。

紙から電子管理へ。蓄積データの有効活用

生産履歴をデータで蓄積することで、紙で管理されて時間が経つと埋もれてしまっていた情報でも有効活用が可能になりました。必要に応じて、資材の使用量・出荷・労働時間など各種データをグラフで振り返り、次回の栽培計画に活かすなど自身の農業経営に活用できます。「あい作」と紙の生産履歴帳票の並行運用となった場合でも紙帳票の情報はOCRでデータ化し、すべての情報をデータとして蓄積するお手伝いも可能です。

営農支援プラットフォームあい作

営農支援プラットフォーム「あい作」に関する製品詳細、機能詳細、事例はあい作公式サイトにも掲載しています。オンラインでも操作デモンストレーションを受け付けておりますので商談カレンダーをご確認の上、お気軽にお問い合わせください。

資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

担当者に聞く

  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:
正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります

希望する連絡方法

<企業情報>

株式会社NTTデータ
住所:〒135-6033 東京都江東区豊洲3-3-3豊洲センタービル 31階
TEL:050-5546-9784

ブース担当者に質問する
×
送信

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎