DWファイバー®(土壌改良)

国産間伐材や林地残材、河川木が材料の土壌改良材。土壌に混合することによって物理的・化学的に土壌を改善。

原材料 バージン木材(バーク・葉を含む)、建築廃材不使用

外観不均一に繊維状

嵩密度350kg/㎥未満

荷姿1,000Lフレコン袋入り / 50L袋入り

国土防災技術と大建工業が共同開発した製品。国産の間伐材や林地残材、河川木といった木質資材を特殊解繊処理して作られた、通水性・保水性に優れる土壌改良材。土壌に混合して攪拌することで、土壌の透水性・保水性の改善、強酸性・アルカリ性などの特殊土壌の改善、塩類の濃度障害を改善。有機JAS取得製品であり、バイオスティミュラント資材のフジミン®と併用することで、土壌の物理性・化学性の改善効果が向上します。

「木材総合カスケード利用」事業化に向けた取り組み

大建工業株式会社は、2016年より鳥取県日南町や森林組合、地元企業と「木材総合カスケード利用」事業化検討プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、「木材総合利用」の実現に向けて地域の木材資源を無駄なく利用するための新たな取り組みです。第一弾の事業化案件として、「DWファイバー®」を弊社と共同開発し、2017年から全国で提案を広げています。(※カスケード利用 とは、資源やエネルギーを利用すると品質が下がるが、その下がった品質レベルに応じて何度も利用すること。)

有機JAS資材登録製品

有機JASとは、日本農林規格(JAS)のなかに設けられた有機農産物に関する規格のことで、登録認証機関に認められれば農産物に有機JASマークを貼ることができます。化学物質に頼らない資材のため、有機農家だけでなく慣行農法の農家も安心して使うことができ、有機JAS資材を用法通りに使用すれば、有機JAS農産物と認められます。

DWファイバー®での土壌改良事例

防草目的でアルカリ性に改良されたグラウンドに対し、DWファイバー®を土壌に混合して物理的に改良を行い、芝生化に成功しました。DWファイバー®にはフジミン®が添加されているため、フルボ酸の効果である除塩効果も発揮され、化学的改善効果から健全な土壌となりました。

資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

DWファイバーカタログ

チャットする

検索カンタン!特設展示場

工場システム(シンフォニアテクノロジー)

誠和 光合成バナー

ブース担当者に質問する
×
送信

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎