国土防災技術株式会社

  • バイオスティミュラント
  • 土壌改良材
  • 収量をあげたい
  • 病虫害を予防したい

防災のための建設コンサルティングを主業とする国土防災技術が、農業分野に参入しました。長年、自然環境と真摯に向き合ってきた企業として、環境に配慮したバイオスティミュラント資材を主力商品に、独自の技術を駆使し、農業の未来を見据えた製品を開発しています。

PRODUCT

ビワコフルボ

フジミン® に琵琶湖の水草の肥料成分を取り入れた液体資材です!

フジミン®

国内の森林資源から精製したフルボ酸ベースのバイオスティミュラント資材。土壌に働き掛けることで、植物の生育を促進。

DWファイバー®(土壌改良)

国産間伐材や林地残材、河川木が材料の土壌改良材。土壌に混合することによって物理的・化学的に土壌を改善。

会社概要

弊社は、国土の防災と保全のために、「土と水と緑」に関するあらゆる部門において「国土の医者」として、常に新しく優れた技術・工法を駆使し、住み良い社会環境の創造を使命とした、極めて社会的貢献度の高い総合建設コンサルタント及び工事施工を行う会社です。地質・地すべり・急傾斜地・治山・砂防・河川・海岸・道路・地震・火山・克雪・緑化(法面・屋上)・環境保全・環境アセスメント・土壌地下水汚染等に関する調査・試験・解析・計画・設計、これらの工事施工や施工管理、土質・水質・岩石・構造物、土壌汚染等の試験研究、観測機器の開発、GIS・各種調査や工法設計等の解析ソフトの開発等を行っています。国土防災技術株式会社HP

令和2年度気候変動アクション環境大臣表彰を受賞!

当社の「森林資源を利用して量産化した高濃度フルボ酸による農地改善活動」が高く評価され、環境省より令和2年度気候変動アクション環境大臣表彰(開発・製品化部門 適応分野)を受賞しました。気候変動アクション環境大臣表彰は、気候変動の緩和及び気候変動への 適応に関して貢献した個人・団体を表彰する制度です。開発・製品化部門適応分野は、農林水産業や自然災害などの各分野で気候変動の影響による 国内外の被害を回避または低減する優れた技術の開発によって、その製品化を進めたものに対して表彰が送られます。当社は、今後も高濃度フルボ酸(フジミン®)を活用した農地改善活動 を国内外に展開し、気候変動に適応する環境を構築するために貢献してい きます。

第28回地球環境大賞「農林水産大臣賞」受賞!

地球環境大賞とは、世界自然保護基金(WWF)ジャパンの特別協力により創設された産業界を対象とした顕彰制度。地球温暖化防止や循環型社会の実現に寄与する新技術・新製品の開発、環境保全活動・事業の促進、地球環境に対する保全意識の向上等を目的としています。国産森林資源を農業で有効利用できるフジミン®︎は、産業界でも高く評価されています。

持続可能な開発目標の実現を目指して

持続可能な開発目標(SDGs)に貢献するため、[目標2:飢餓をゼロに]、[目標12:つくる責任つかう責任]、[目標13:気候変動に具体的な対策を]、[目標14:海の豊かさを守ろう]、[目標15:陸の豊かさを守ろう]等の目標を掲げています。それを実現するため、土壌に含まれる腐植物質の一種であるフルボ酸を活用したバイオスティミュラント資材であるフジミン®を国内外で展開。土壌を汚染せず、植物の生長を助けます。

国土防災技術株式会社について動画で見る

当社が実施している事業や活動、バイオスティミュラント資材である「フジミン®」(フルボ酸)についての紹介動画です。世界規模で問題となっている地球温暖化、気候変動問題・・・、これらが要因となって近年多発する自然災害。地球上の生物に大きな影響を与え、生きていく上でなくてはならない「土壌」。世界中で深刻な問題となっている土壌劣化の問題解決を目指し、これからも活動を進めていきます。

資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

担当者に聞く

  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:
正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります

希望する連絡方法

<企業情報>

国土防災技術株式会社
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-18-5
TEL:03-3432-3567

チャットする

ブース担当者に質問する
×
送信

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎