エースバイオプロダクト株式会社

  • 畜産関係
  • 病虫害を予防したい
  • その他の資材
  • 作業効率をあげたい

当社は人や動物の消化を助ける「酪酸菌」の発酵技術を中心に、自然環境に調和する企業運営、製品開発を目指しております。畜産動物の健康増進や生産性向上を目指している方々に製品を安心してご愛顧いただけるよう、生産から流通までの体制作りに努めて参ります。

PRODUCT

ミックスライト(Mixrite)

電力不要の薬液添加器で、添加ON/OFFバルブ機構により薬液添加の有無および添加率を一定範囲で容易に選択可能です。

プラハッチ

軽量の子牛用カーフハッチです。片面に射熱塗料を塗布、夏は強力な日差しを防ぎ、冬は子牛の体温の保温機能を高めます。

ABPフルーティア

プロバイオティクスの酪酸菌3千万個/gと甘酸っぱいフルーティーなぶどうかすを配合した、畜産向け混合飼料です。

酪酸菌ABP液

プロバイオティクスの酪酸菌の代謝物を当社特許にて製品化しました。畜産動物の腸管内の健康をサポートします。

酪酸菌が動物の消化能力を向上させ抗菌活性

デンプン主体の培地で酪酸菌を発育させると、デンプン消化された箇所が透明になります。この能力が人や動物の消化を助けます。酪酸菌はデンプンを分解してビフィズス菌を増やすオリゴ糖(イソマルトース、マルトトリオース)を作ります。酪酸菌が発育した周辺では大腸菌の発育が抑制され、黄色ブドウ球菌に対して強力な静菌物質を産生し、その活動を抑制。サルモネラや結核菌などに対する抑止能力も認められています。

絨毛を均整化し、皮膚炎で崩れた組織に影響

酪酸菌はオリゴ糖生成のみならず、グルコースやマルトースといった生物が一番利用しやすい形態の糖への分解も行います。ブロイラーに0.1%程度、酪酸菌の発酵液を添加して生育させて出荷時の回腸組織をHE染色して観察すると、絨毛の状態が均整で発達した状態であることが確認されました。またアトピー性皮膚炎を発症したマウスに発酵液を0.1%、2週間飲水に投与すると、崩れた組織の復元とマウスの血腫の回復などが見られました。

オリゴ糖が生まれ整腸作用や腸内細菌を活性

当社培養の酪酸菌株は信州大学との共同研究により、オリゴ糖であるイソマルトースおよびマルトトリオースの2種類の産生能力があり、培養試験においてもビフィズス菌増殖活性化作用が認められました。オリゴ糖は低消化性(低エネルギー)で、整腸作用や腸内細菌を増やす作用などが知られています。ビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる腸内細菌の栄養源となってそれらを増やす効果があり、「人」「動物」のサプリメントや医薬品としても活用されています。

「餌の食いつきが良い」「抗酸菌が減少」

当社では、酪酸菌培養物混合飼料や飼料添加物を扱っています。ご使用いただいているお客様からは「難産などの場合、産後、発熱が起こってしまい注射などで対応してましたが、それがなくなりました」(養豚農場A様)、「夏ばてが減り餌の食いつきが良くなりました」(養豚農場B様)、「酪酸菌飼料添加後、抗酸菌が減少しました」(養豚農場C様)といったコメントが寄せられました。ご興味がある方はぜひ一度お問い合わせください。

資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

担当者に聞く

  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:
正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります

希望する連絡方法

<企業情報>

エースバイオプロダクト株式会社
住所:〒386-0412 長野県上田市御嶽堂675-1
TEL:0268-41-1771

チャットする

ブース担当者に質問する
×
送信

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎